後遺障害等級と慰謝料

14もの等級がある後遺障害ですが、まず後遺障害と認められるために5つの要件を満たしていなければなりません。1つは交通事故を原因とする肉体的・精神的な障害であること、2つめは将来的にこれ以上回復することはないだろうと医師によって診断されていることです。3つめは、本人が自覚している後遺症状が交通事故と関係していると認められること。4つめは、その原因が医学的に証明できることです。5つめは、後遺症状のレベルが自賠責法施行令の等級に該当しているかどうか。これだけの条件が認定されないと、後遺障害とはならないわけです。

さらには、等級によっても認定されやすい通院や入院期間などの条件があります。医師による後遺障害診断書は必須ですが、画像所見なども忘れずに取っておきたいところです。後遺障害の等級を獲得するためにはポイントを押さえておく必要があり、専門家によるアドバイスや手続きのフォローが役立ちます。

後遺障害等級が認定されると、交通事故の加害者への慰謝料請求も増額できる可能性があります。等級が高いほどその傾向があり、適切な等級を取得することは重要なのです。実際の後遺障害よりも低い等級で認定されてしまうと、それだけ補償や慰謝料の請求にも影響が出てきます。