交通事故の後遺症認定

交通事故に遭って怪我を負った場合、急性期症状が治ったとしても、後遺症が残ることがあります。交通事故による後遺症は、大きく分けて3つの種類があります。1つは、怪我が治った後も身体に機能障害が残る場合です。2つめは、治療後に症状が残る場合。3つめは、治療が完治せずに症状が改善する見込みがない場合です。

治療後に6ヶ月が経過しても改善しないと、医師により症状固定と診断され、後遺障害診断書が出されます。後遺障害には等級があり、適切な認定を受ける必要があります。後遺障害の等級によって金銭的な補償を受けることができるためです。交通事故の加害者に損害賠償を請求するにも、後遺障害の等級を認定されることが有利になってきます。

ところが、医師が後遺障害診断書を出したからといって、すぐに後遺障害の等級認定を受けられるわけではありません。損害保険料率算出機構によって、後遺障害と認定される必要があるのです。後遺障害の等級が適切に認定されれば、損害保険などの補償も高額になり、加害者への賠償請求も増額可能です。後遺障害の審査に通って等級が認められるまでには、弁護士など専門家によるフォローを得られると精神的にも楽になれるでしょう。