交通事故の後遺障害等級取得

普通に暮らしていても交通事故の被害に遭うリスクはゼロではありません。もし、後遺障害が残ったら、精神的にもショックが大きいでしょう。しかし、落ち込んでばかりはいられず、後遺障害等級を取得しなければ損してしまいます。後遺障害の認定には所定の手続きがあり、認定されるためには様々な条件があります。しかし、等級の取得が複雑だからといって成すがままにしておくと、慰謝料の請求などで不利な状況に陥ることもあります。

交通事故の後遺症には、3つの種類があります。治療の末に症状固定と診断されると、医師により後遺障害診断書が出されます。しかし、診断書が出されたからといって、後遺障害認定を取得できるとは限りません。診断書の内容にも注意が必要で、後遺障害認定を受けるためには専門家である弁護士の助けを得たほうが賢明です。

後遺障害認定には14の等級があり、それぞれに後遺障害の認定条件や損害賠償料金の相場が異なります。交通事故の被害者としては、少しでも補償や損害賠償が高いほうがよいでしょう。等級ごとに認められやすい通院や入院期間などの条件もありますから、詳しい専門家に相談するのが一番です。この場合、医師は交通事故処理の専門家ではないことも覚えておきましょう。

後遺障害等級の取得をする方法としては、事前認定と被害者申請という2つの方法があります。加害者が加入している保険会社が手続きを行う事前認定と、被害者が申請を行う被害者申請とでは、等級の認定や慰謝料の請求額にも大きな差が出てきます。