後遺障害等級の申請

後遺障害等級の申請に当たっては、医師による後遺障害診断書の作成からして注意しておく必要があります。というのも、医師は交通事故処理の専門家ではなく、あくまでも医師であるためです。後遺障害診断書を有利に書いてもらうためには、専門家によるアドバイスが必要です。この場合の専門家とは、交通事故処理と後遺障害等級の申請に慣れた弁護士です。

後遺障害の申請には、2通りの方法があります。1つは事前認定で、もう1つは被害者請求です。事前認定では、加害者側の保険会社が後遺障害の認定手続きを行います。加害者側の保険会社に任せるということで、希望していたより低い認定になってしまう可能性があります。被害者請求は、被害者側で全ての手続きを行う申請法です。どちらかといえば、被害者請求のほうが、適切な後遺障害認定につながる可能性が高いといえます。

後遺障害等級の被害者申請を行うと、認定を受けやすいだけでなく、治療費を前倒しで受け取れたり、慰謝料の増額も見込めたりします。過失割合の是正にも期待できるため、前向きに被害者申請に対応するとよいでしょう。原則として、後遺障害認定は書面審査のみで行われます。つまり、書類に少しでも不備があれば等級が認定されにくくなったり、適切な等級を取得できなくなったりするわけです。